ラストポートレート~写真展~報告

f0128076_1216025.jpg


しばらく更新できずにいました。
写真展の報告をお待ちのみなさま!すみません・・・遅れてしまいましたがどうぞご覧下さい。

先週のことですが、次女の通う中学校で写真展を開きました。
正式には、学校行事である作品展の日に(生徒たちの美術作品や家庭科作品、そのほか選択授業の作品などを展示し、保護者や他の学年の生徒に観てもらうという趣旨ですが、その日にはPTAの趣味の作品や、研修旅行で体験した陶芸品の展示などもある時に、写真展を開いて観てもらう・・・ということになります。

まずは「どうぶつたちへのレクイエム」に詳細を問い合わせ、こちらの目的などを伝え、事務局からの正式な許可を頂きます。そして許可が下りたら準備を進め、そして本番にのぞみます。
今回は言いだしっぺの私が窓口になりました。
そして2月3日火曜日、72枚のラストポートレート写真と、十数枚の猫の写真の展示が開かれたのでした。

f0128076_12263886.jpg
f0128076_1227219.jpg

f0128076_12273798.jpg

f0128076_12275568.jpg


これは感想ノートにあったある女子中学生の書いた感想です。

『人間って自分勝手だと思いました。もっと犬や猫たちの気持ちになるべきだと思います。「可愛い」だけじゃなくて、「救ってあげたい」と思いました。来年もやってほしいです。あと、すごくやさしい気持ちになれました。ありがとうございました。』
f0128076_12594941.jpg


そして保護者の方からはこんな感想が・・・

『人間の思い一つで動物の生死を勝手に決め付けている現状に、今の社会の一幕を見せ付けれている様で怖い気持ちになります。一人一人が優しい気持ちを持てれば、少しは動物たちにもほんの少し幸福が得られるのではと・・思い知らされました。』


『檻の中に入っている犬たちの切ない表情を見てとても悲しくなりました。たくさんの人に見てもらって、動物たちの命も大切にするように心が動いてくれたらと思う。自分も最期の最期まで見守ってあげたいと思います。』


この写真の中の動物たちにずっと見つめられながら、多くのことを問いかけられながら・・・写真展は終わりました。
たった一日だけの写真展ですが、多くの生徒さんや保護者の方に現状をお伝えすることができて本当によかったと思います。私たち自身たくさんのことを知りましたし、これから伝え続けていかなければならないことがたくさんあることも学びました。

写真展は無事終わったのですが、私の中の何かが今やっとスタートラインに立ったような気がします。
ころくが我が家に来てくれなかったら、まさかこのような写真展を開こうなんて思いもよらなかったでしょうね。写真展を一緒に企画した研修委員のみなさんも、これを開いて本当によかったと口々におっしゃってました。
でも課題もまだまだたくさん!学校という体制の中で前例のないイベントを企画する大変さも学びました。一生懸命に校長先生や会長さんに説明して下さった研修委員長さんに感謝です。

我が家ではあと小学校では1年間、中学では4年間あるので、またどこかで機会を作ってでも写真展をひらきたい・・それが今の私の野望です。

千葉わんのスタッフの方や、チロママさんご夫妻がいてくださったから今のころくと私たち家族があるように、あったかい家族を待っているワンコたちはまだまだたくさん待っています!
ですから、これからも私にできることをできる形で続けていこうと思います。
[PR]
by poomingxxx | 2009-02-12 12:49 | LOVEワンコ♪