喜びの季節

f0128076_12585039.jpg

春の嵐の通った後、庭はさほど被害はなかったものの籠が転がっていたりバラが絡んでいた梯子が半分倒れていました。
久しぶりに庭に出てみると・・・あらあら・・・ちょっと手を入れてなかっただけなのに、雑草が元気にはびこってしまってました。
でも同時に庭の緑もあちこち春を告げていて、そこらじゅうが暖かい日差しを喜んでいて、庭中の植物が歌を歌っているような感じがしました。沈丁花の香りもあたり一面に漂って、まさしく春爛漫!
今朝はカメラでちょこっと様子を撮ってみました。
f0128076_1333241.jpg

パンジーは風にやさしくゆらゆら揺れて、ルバーブの真っ赤な茎が伸び始めて、
グースベリーの可愛い芽がほころんで、シャクヤクの赤い芽も土から顔を出してきました。
肥料をあげたり水をあげたり、軒下に取り込んだり・・は私だったけど、育てて下さるのは神様なんですね。


そう言えば今年の5月のカレンダーに引用した御言葉は、


  『植える者も水をそそぐ者も、ともに取るに足りない。

              大事なのは成長させて下さる神のみである。』


コリント人への第一の手紙3章7節でした。
本当だなぁ・・・でもやっぱり私は「私が育てました」っていつも言ってしまう。
この御言葉にある深い深い意味を、今日は一日心に刻んで過ごそう・・・
いつも庭仕事をしている時の私は、頭の中はこんな感じにぐるぐる御言葉がまわっています(^^)

育てて下さるのは神様・・・といえば、こちらもそう。
f0128076_13495127.jpg

先週の水曜日に長女が、木曜日は次女が卒業式を迎え、それぞれの学校を巣立ちました。
それぞれが涙・・・それ以上に私が涙・・・の式でした(汗)
涙腺が緩過ぎ・・というか、最近は涙腺は開きっぱなしのわたくしです。
なんかね・・・この3年間の月日がどどっと思い出され、あんなことあったな、ああ、あんなこともあったな・・
楽しいだけでは決してなかったこの3年間。でもこんなに祝された終わり方ってあるの?
やっぱり神さまが『万事を益とする』と約束して下さってるのは本当だった・・・!
神様がこの子たちをいつも守って下さっている・・・その確信を新たにした出来事でした。

さて!明日は三女の卒業式です。きっとまた泣いちゃうでしょうね。
神様の御業を毎日感じられること。これ以上の幸せはありません(^^)
[PR]
by poomingxxx | 2010-03-23 14:04 | お庭