引き続き祈ります

f0128076_7533750.jpg



茨城の実家にもようやく電気が届いたようです。
まだ色々不便な点はあるようですが(ガソリンや食料の調達等)「大丈夫だからね!東北の方々のことを思ったらこれでも贅沢だから」と元気な声を聞きました。
今日からは放射能の飛散に備えて(東海村も近いですから)心構えだけはしているみたいです。

夫は青梅線が止まっていたので昨日までは自宅待機でした。
今朝は出かけましたが、15:00pmにはまたこちらに戻る電車は運休になってしまうので早い時間の帰宅を予定しています。
中学校も午前授業の給食なし。
テレビだけ(PCの)時々つけて情報を入手するほかは、なるべく電気を節約するべく洋服をたくさん着込んでいます。


それにしても感心するのは被災地の方の笑顔です。
疲れた中、ご家族や家を失って自分も被災されてるのに、ほかの人のために炊き出しをされてる方や、
こどもたちに声をかける方の様子を毎日うかがいます。暴動が起こらないことが本当に素晴らしい。
「助け合い」の精神がどの避難所にもあって、見ているだけで涙が出ます。
「頑張って!」と心の中で叫び、祈る日々です。


それなのに石原都知事のあの発言。
被災地の方の情報が、東京でもいち早く分かる立場にいるのに・・・。
本当に頑張っている被災地の方を、日本人として誇らしく思っていたのに、
同じ日本人であんな人が東京都のリーダーなんて(怒)
都民として本当に恥ずかしいし残念です。


f0128076_849412.jpg

壁にかかっているガラスを使ったものは全ておろしました。
残っているのはこの三女が作ったカレンダーのみ。
すくっと立つ元気な水仙の黄色に元気をもらっています。
明日・明後日は東北地方は真冬並みの寒さとか。
どうぞ早くあたたかい春が来ますように。
[PR]
by poomingxxx | 2011-03-16 08:54 | 日々のできごと