祈り

f0128076_81427.jpg


友人手作りのタルト。
ちょっと疲れ気味の身体と心に沁みました。
Yちゃんありがとう(^^)/

自己中心はいけません。
そう子どもの頃から聞かされていた言葉。
でもその本当の意味を知ったのは、神様と出会ってから。

自己中心がダメなら何中心がいいの?
ダメなことだけ教えられてきて、何がその替わりになるのかは知らなかった。
でも、神様を中心として生きることを知った今、
一番痛感するのは、「わたしはどこまでも自己中心なんだなぁ」ということ。

自分がかわいい、
自分が大事、
自分の物差しで物事をはかる、
そしてそこで他を比較して、他者を見る。

どこまでもどこまでも、まずは自分のところから。
でも、
祈ることでその中心点を神様に移すことができる
神様の目線で、今の状況を見てみる。
起こっている出来事も、心の中にある思いも、
本当の気持ちも。

祈ることは神様との唯一のパイプみたいなもの。
祈る中に、神様からの示しが与えられています。
苦しい状況にあっても、
もしかしたら苦しければ苦しいほど、
心が渇けば渇くほど、そこに注がれるイエス様の水は
・・・注がれるというより、泉のように湧き上がってくる
いのちの泉はあふれんばかりになって
終いにはかさかさになった部分を潤してくれて、
喜びに、感謝に変わっていく

祈りにはそんな力があります。
祈れないほど、心が疲れている時も、
私のために夫が、娘が、家族が、
そして教会の誰かが祈っていてくれる。
そしてそういう祈りはいつも神様にきかれている・・・

今日も、痛みばかりを見ないで、
その中にある神様からの恵みに目を注いで、感謝して過ごそう。
今日はお客様の日。
神様がどんな出会いを用意して下さるか期待しつつ。
[PR]
by poomingxxx | 2012-12-04 08:19 | 信仰~こころの内側