紙のピアノの物語

f0128076_811124.jpg


ずっとずっと前から、本屋さんに行くたびに手に取っていた本です。
この絵本は、あの世界的ピアニスト。フジ子・へミングの描いた絵です。

『 紙のピアノの物語 』
松永 順平 / 原作、 フジ子 ヘミング / 画 

音楽が大好きな貧しい家の女の子。
特にピアノの音にひかれる彼女・・・。
ピアノを習ったことのあるお母さんから指の運び方や楽譜の読み方を教わりますが、
ピアノを家におくことなどできません。
そこでお母さんが88の鍵盤を描いた紙のピアノを作ってくれます。

女の子はその紙のピアノを本物のピアノの上に置いて弾き始めますが・・・・・・


実際のフジ子さんの境遇とは違うようですが、
このお話の幸せな結末とフジ子さんの挿絵の雰囲気が素晴らしく、
読後にほんわかした気持ちになります。

本屋でまたしても見ていたら、長女が「図書券があるから買ってあげる!」と言い、
プレゼントしてくれました♪
これからは家でたびたび開けます。ありがとね!


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

* ころく通信 *

f0128076_8554330.jpg


昨日は寒かったよね~。
ぼくがあんまり震えていたので母さんがキルトをかけてくれたよ。
これはぼくのキルトじゃないんだってさ。忙しくてなかなか作れないとつぶやいてたよ。
ぼくはこれでもいいんだけどね~~。キルトってあったかいな♪
[PR]
by poomingxxx | 2007-04-04 08:57 | 絵本