愚痴について思う (追記あり)

f0128076_8351250.jpg

最近こま編みにはまっている叔母より、マヨブタ天使ちゃんが届いたのはちょっと前。
UPするのを忘れていたので、クリスマスローズと一緒にパチリ。
横向きに描かれているマヨブタを立体化するのが難しかったようです(^^)
でもばっちり!可愛いよ~!こーちゃんありがとね!


さて、タイトルに『愚痴』って書きましたが、愚痴を言わない人って本当に素敵!と思います。
私自身も夫に愚痴を言ってしまうことがあるのですが・・・

因みに『愚痴』という言葉の意味を調べてみると、

愚痴―――言ってもしかたがないことを言って嘆くこと。「―を言う」「―をこぼす」 〔仏〕 三毒の一。物事を正しく認識したり判断したりできないこと。愚かであること。

また言っても仕方のないこととは、対処不能のこと。対処不能とは、対処する能力や手段がないということ。

なるほど。言っても仕方のないことを、誰か第三者にわざわざ言って、自分の思いを共感してもらいたいだけなんですね。
そしてその際、その物事を正しく判断していないことがほとんどであり・・・それはまさしく先日牧師さんがおっしゃってた自我(エゴ=自己中心)からの判断であり・・・・・だからそれは愚かであることなのだわ~。

・・・なぜ愚痴についてこんなに書いているかというとですね・・・最近周囲の愚痴が本当に多いのです。
電話がかかってくれば「ねぇちょっと聞いて~!」で、「話を聞いてもらいたいのね」・・・そう思って聞いていても、やはり愚痴は続きます。こちらがこれから色々予定を立てていても、あちらの話が終わるまでは延々がまんです。「う~ん。そうねぇ~。ふーん・・・」なんて相槌を打ちながら・・・。
「でもさ・・」なんて言おうものなら逆襲にあうので、ひたすら相槌。
どこかで「早く切りたいなぁ」なんて思いながら、なかなか切れずにいます。
朝早く、大好きなちりとてちんの途中からかかってくる時もあるし(涙)

そこから↑↑↑気持ちをあげる話に展開していく努力は惜しまないつもりですけど、ただ愚痴を言うためだけの電話はもうやめましょう・・・・って、言えないんですね~、これが。
せめて、自分は夫に対して、家族・友人に対して、言っても仕方のないことは言わないことを心がけたいと祈る今日この頃です。(その点夫はえらい・・・本当に愚痴など言わない人なので)
*私の場合、愚痴を言いたくなったらまず祈ります。神様に心を明け渡せばいいのですから、恥ずかしいこともないしカッコつけることもしなくていいし。ありのままをただ心の中で言います。これで愚痴がグンと減りました(と思ってます)これ、おすすめです。そして浮いた時間でお花をいじったり、本を読んだり・・・何だか気持ちが潤ってきます。そのほうがずっと自分でも気持ちがいいんですね(^^)


*追記
ここで言っている愚痴は、話手のプライベートの中でも私が何を言おうと何も状況が変わるものでもなく、むしろ私は何も言わないほうがいい類のもので、例えば友人同士や親類関係のことであったり、所属している仕事関係であったり・・・。それも深刻なものというよりむしろ本人が言ってすっきりするだけのものに限ります。
一緒にこのことを祈ってほしい・・・・そんなお話であればいつでも、時間を割いてでもお話を伺うつもりですので、どうぞそんな方はお電話でもメールでもお話くださいね。


 
[PR]
by poomingxxx | 2008-03-27 09:04 | 信仰~こころの内側