夏休み

f0128076_814339.jpg

夏休みももう2週間が経ちました。
今年はまずこの暑さ・・・・参っちゃいそうですよね。食べることでは冷たいものを食べ過ぎず、逆に毎日温かいもの、胃を冷やさないような献立を中心にしつつ・・・・体調管理を第一に過ごしています。

ところで先日、ずっと探していた『冷やしあめ』を見つけました!可愛い瓶入りです。
関西では珍しくはないという『冷やしあめ』。
どんなお味なの?私の好きな生姜が入っているらしいし・・・ネットでレシピを探して作ってみたことはあるものの、普通に売っている冷やしあめを飲んでみたい!そう思ってました。
これは瓶もレトロちっくでとても可愛いし、キンキンに冷やして飲んでみたら・・お味もGOODでした♪今度また自分で作った冷やしあめを、この瓶で飲もうと思います。

この夏は、特に旅行も予定していません。
長女の体調もあるので、様子を見ながら実家に泊まるくらいです。
でも、それでも一緒に過ごせることに感謝です。やっぱり入院はさびしいものね。
f0128076_8515464.jpg

(夏!っていう感じの朝の空!)

特に何の予定もない夏ですが、子供たちが毎日いるだけでけっこう慌しいものです。
でもそんな普通の夏休みが、本当に本当にしあわせ♪
ご飯を作って一緒に食べて、空を眺めたり、「暑いねー!!」ってぶつくさ言ったり・・・どんなことを言っても、私たちの心の底に共有していること・・・神様を中心に生きること・・・が私たちの思いをいつも守ってくれているような安心感があります。

長女の具合は一進一退。それでもいいんです。それが神様の今のご計画ですから。
素直にそう認めた時にそこにある大きな安心。今の悪い状態ですら神様はご存知で、そしてその中でもたくさんの「嬉しい気持ち」や「わくわくすること」も与えてくださっていること・・・

初めて私と話をする人で、我が家の長女の病気や今の状態を知ると、私がこんなに元気でいることを驚く人がいます。私は普通の人間ですし、けっこう感情の激しいところもあるので(情けない弱い部分です・・・)クリスチャンだからって全てが喜ばしいことだったり、涙なんか出ない・・・なんてことは決してありません。
娘の現状を説明しながら涙が勝手にでてきてしまうこともありますし、一人涙を流しながら祈ることもあります。
それでも、そんな時にも私と一緒にいて下さるイエス様がいて下さる・・・。一度それを受け入れてしまってからというもの、どんな痛みの時にもそこには同時に慰めと感謝も共にあることを知っています。だからきっと他から見ると私は元気に見えるんですね。

訓練・・・という言葉が、聖書にはよく出てきます。
心の痛みや悲しみは、きっと一生痛み、そして悲しみとして私たち人間にはあると思います。
それでも、神様の訓練を経験するうちに、その痛みの向こうに必ずある『よかったと思えるもの』も、毎回経験してきました。そしてそのうち、訓練の段階で、「ああ・・この先には必ず神様の恵み(=よかったと思えること)が用意されているんだな」ということが分かるんですね。
これが、毎日何度も経験できること、これ以上の喜びはありません。
同じ病を生きるとしたら、そして家族として生きるとしたら・・・やっぱり嘆いて生きるより、喜んで生きたいですものね。
f0128076_855095.jpg

(娘達と一緒に眺めた先日の夕焼け。そこにはツバメが♪♪)

今日は色々書きましたが、全ての感謝を神様に捧げると共に、もう一人、ネットを通して知り合ったクリスチャン姉妹にも、感謝でいっぱいです。
うまく書けませんが、その方がいらっしゃらなかったら、私は娘の病気をこんな風に受け止められなかったと思います。否、その方のおかげで、祈りがさらに深い祈りへ、病気をイエス様と共に生きる姿勢をさらに深い思いへ・・・・そう変えて下さいました。
それは私への言葉というよりは、ご自身の証のブログで・・・。
S姉に感謝・・・・。

*********************


さて、昨日より次女・三女&ころくが私の実家へ遊びに行きました。
朝早く夫が車で送ってきましたよ。
今週金曜日には夫と私、長女が遊びに行きます。それまでころくに会えないのが寂しい!

f0128076_9105531.jpg

お出かけ前のシャンプーだよ
f0128076_911381.jpg

うう・・やっぱり嫌い・・・早く出たいよぉ~~かあさ~~ん・・・
f0128076_912145.jpg

やれやれ・・・やっと終わったね。ほっとしたよ。
[PR]
by poomingxxx | 2008-08-04 09:12 | 信仰~こころの内側