秋に読みたい絵本

f0128076_963959.jpg

リビングのカップボードには、一年中いつも何かの絵本を置いています。
そして季節や月の移り変わりに合わせて、置く本を変えます。
そろそろ秋も本格的、こんな本はどうかな?

「たのしいふゆごもり」は、来る冬に向けてクマの親子が色々準備する様子を描いた本です。
絵もダイナミックだし、色もきれいだし、この季節は必ず読みたくなる本ですね。
「葉っぱのフレディ」、これは子供の年齢に沿って、内容の深さも少しずつ心の奥深くに届くように思います。
11歳になった三女、今年は曽祖父が亡くなりました。この本からどんなことを思うでしょうか。
「パッチワークだいすきねこ」特に秋の本ではないけれど、色が秋色で、キルトのあたたかさが懐かしくなるこの季節の本だと勝手に思っています。しましまちゃんが可愛いの。
先日夫にかけてあげたキルトは、このキルトを参考にしたんですよ(^^)

そうそう・・・ここには置いてませんが、島田ゆかさんの「うちにかえったガラゴ」も、秋には絶対読む一冊です。あれ、どこに置いたんだろう??探してみまーす!

本棚にあるよりも、こうして置くことで子供の目にも留まりやすく、見ているとよく手にとっているみたい。うちの子たちはもうみんな10歳を超えてしまってますが、やはり絵本は大好きのようですね。(母としては字数の多い児童書も、もっともっと読んで欲しいのですけどね~・・・)

そしてこの秋・・・・
ころくの毛の長さといったら!
体重はほとんど変わらないのに何だかもこもこ見えます(笑)
f0128076_9353438.jpg

「ん?なに?」
[PR]
by poomingxxx | 2008-10-08 09:36 | 絵本