<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

f0128076_9583846.jpg

庭の真っ白な沈丁花が咲き始めました。
ちょっとだけ切って飾りました。リビングに入るたびに優しい春の香りがします。


昼間の計画停電中は(青梅では夜に一度、日中に3度の計画停電が実施されました)、
暗いときにはのんびりと過ごしましたが(過去記事)、明るい時間にはあちこちの念入り掃除に励んでいます。

一昨日は1Fと2Fにあるトイレの掃除&模様替え。
こんな時に模様替え・・・と思いましたが、何かをしていたい気持ちになってしまって・・・・トイレの中にあるミニ棚の目隠しカバーの布を替えたり(ちょこっと手縫いです)、空き瓶の重曹を入れ替えて、蓋代わりのガーゼも可愛い柄のに交換したり(消臭に使います)・・・。
手や身体を動かしながらも、頭の中はTVで観た被災所の様子がぐるぐるしていました。


f0128076_10432895.jpg



一通り動いてやることがなくなったので久しぶりに作りかけのキルトを引っ張り出してきました。
ちくちくと、ただカット済みの布を繋いでいく単調な作業は、こういうときにちょうどよかったです。
足元にはいつもころくが来て(だいたい私のそばにいます)まあるくなっています。

ころく、この3月で我が家に来て4年を迎えました。
そのことを日記に書こうとしていた矢先の大地震でした。


f0128076_9433057.jpg



今でも、初めて千葉のチロママさんのお宅に、ころくとお見合いしに行ったときのことを鮮明に覚えています。
まるで運動会を翌日に控えた子供のように、大人になって初めて?というほどワクワクして寝られなかった夜が明け、家族で会いに行った日・・・。
今よりももっともっと子供顔で(久しぶりに比べてみたらびっくりでした・笑)身体も華奢で(いまや・・・爆)
そんなころくを家族として迎えてもう4年!!!
日に何度も何度も「可愛いねぇ~。ころくぅ~~!!!」と呼ばれてるこの子が、もしかしたら処分されてたかもしれないと思うとたまりません。

ころくは私たち家族の心にあったかい気持ちを抱かせてくれます。
そんな彼を、これからも大切にしていきたい・・・。
避難所のインタビュー中、後ろのどこからかワンコの悲しそうな遠吠えが聞きました。
寒いのか、お腹がすいているのか、どこか痛いのか、もしくは愛する家族と離れてしまったのか・・・。
たくさんの動物たちも今度は被災しているでしょうね。
どうかひとつでも多くの動物の命も、救われますように。
ころくの安心して眠る姿を見るにつけ、そう祈らずにはいられません。


f0128076_1022082.jpg



今日の計画停電は中止だそうです(第3グループ)
半分だけ、つなぎの緑色(正方形部分)が埋まったピーシング・・・。
今夜も時々ころくを撫でながら、続きを縫おうと思います。
手を動かしつつ・・・祈りつつ・・・・・・。
[PR]
by poomingxxx | 2011-03-25 10:06 | 日々のできごと

「答えはないのです」

f0128076_22463881.jpg


みなさまいかがお過ごしでしょうか。

地震の被害があまりにも大きく、気持ちが沈みがちになる一週間でした。
どんなに知人の無事が確認できて喜んでも、心から晴れ晴れとはなれません。

それでも私たちができること・・・・多くの友人たちがブログなどで発信しているように、
今はこの日本の経済を回し続ける、その歯車の一つとして今まで通りの生活を続けること・・・・
これが遠いようで近道の、すぐにできることなのでしょうね。


f0128076_230715.jpg

東京電力の計画停電、私の住む地区は3回実施されました。
最初は夕方18:20~22:00が予定で、実際にあったのは20:30pmまでの2時間でした。
夫と2人の娘たちと、食事とお風呂を終えてダイニングテーブルに集まり、DS(夫、三女)をしたり、
私はソファーで長女にマッサ-ジをしてもらったり・・・ろうそくの灯に心静かなひとときでした。

この日、教会のM姉より
「Tさん!単1電池とか懐中電灯とか、ありますか?」
「よかったら、たくさんあるので持って行きましょうか?」と電話あり。
先日信仰告白したばかりの可愛い若いママ姉です(^^)

ろうそくは売るほど持っていたのでのん気に構えていたのですが、
「地震だからろうそくは危ないですよぉ~」と、ランタンと電池を持ってきてくれました。助かりましたぁ!
テーブルの上だけろうそく、そして移動にはランタン・・・。
とっても便利でした。今度落ち着いたら我が家も買おうと思います。
M姉ありがとうございました!

そんな便利なランタン・・・
停電中の暗がりの中、ランタンの明かりで夫がコーヒーを淹れてくれました。
f0128076_23181324.jpg


ほんの数時間、電気が使えないだけでも寒いのに、
東北地方で「暖」が取れないのは本当に厳しいでしょうね。
早く電気が回復し、被災された方たちがあたたかいお風呂やごはんを毎日取ることができますように。

電気のある生活に慣れきっていたことを、甘えすぎていたことを、当たり前だと思っていたことを深く反省。
これを機に、ガソリンや電気を使いすぎていた生活を大きく見直したいです。
(トイレの冷たい便座に座って「ギャー!」と叫んだ時に決心しました・恥)
今日は三女と歩いて買い物へ。
一番近くても片道3キロ離れたスーパーへ、デジカメを持っててくてくと・・・・。
梅の写真はその時撮ったものです。

f0128076_2333387.jpg


どんなに大きな災害があっても、大きな困難の中にいても、自然は普通に歩みを進めています。
堅かった梅の蕾がほころんで、梅は今が一番きれいな時期。
普段なら観光客で賑わうはずの青梅が閑散としています。

先日の礼拝で牧師さんがお話された言葉が印象的でした。
「どんなに酷い災害があって、『なんで?』と聞いてもその答えは私たち人間の中にはないのです』
本当ですね。




祈って、そして自分にできることをする。
具体的には、基本的にガソリンを使わない。過剰な買い物はしないなど・・・・。

被災者の方々の心に神様の平安が与えられますように・・・。
一刻も早く救援の手が行き届きますように。
[PR]
by poomingxxx | 2011-03-19 23:38 | 日々のできごと

引き続き祈ります

f0128076_7533750.jpg



茨城の実家にもようやく電気が届いたようです。
まだ色々不便な点はあるようですが(ガソリンや食料の調達等)「大丈夫だからね!東北の方々のことを思ったらこれでも贅沢だから」と元気な声を聞きました。
今日からは放射能の飛散に備えて(東海村も近いですから)心構えだけはしているみたいです。

夫は青梅線が止まっていたので昨日までは自宅待機でした。
今朝は出かけましたが、15:00pmにはまたこちらに戻る電車は運休になってしまうので早い時間の帰宅を予定しています。
中学校も午前授業の給食なし。
テレビだけ(PCの)時々つけて情報を入手するほかは、なるべく電気を節約するべく洋服をたくさん着込んでいます。


それにしても感心するのは被災地の方の笑顔です。
疲れた中、ご家族や家を失って自分も被災されてるのに、ほかの人のために炊き出しをされてる方や、
こどもたちに声をかける方の様子を毎日うかがいます。暴動が起こらないことが本当に素晴らしい。
「助け合い」の精神がどの避難所にもあって、見ているだけで涙が出ます。
「頑張って!」と心の中で叫び、祈る日々です。


それなのに石原都知事のあの発言。
被災地の方の情報が、東京でもいち早く分かる立場にいるのに・・・。
本当に頑張っている被災地の方を、日本人として誇らしく思っていたのに、
同じ日本人であんな人が東京都のリーダーなんて(怒)
都民として本当に恥ずかしいし残念です。


f0128076_849412.jpg

壁にかかっているガラスを使ったものは全ておろしました。
残っているのはこの三女が作ったカレンダーのみ。
すくっと立つ元気な水仙の黄色に元気をもらっています。
明日・明後日は東北地方は真冬並みの寒さとか。
どうぞ早くあたたかい春が来ますように。
[PR]
by poomingxxx | 2011-03-16 08:54 | 日々のできごと

祈ります

f0128076_2152436.jpg


すごい地震でした。
夫は会社(田町)、長女は上級生の卒業式のため御茶ノ水に、次女は千葉の成田、三女は地元の中学校、そして私は自宅のリビングにころくといました。

大きく、そして長い間の横揺れの中、ころくとリビングのテーブルの下で静まるのを待ちました。


怖かった・・・本当に怖かったです(涙)






とりあえずみんな無事です。
私の実家が茨城(水戸)で、なかなか電話がつながらなかったのですが、夕方やっと母の声を聞きました。
電車が止まってしまったので、夫は会社、娘は学校で一晩過ごします。



ずっとテレビの前にいますが、被害状況が分かれば分かるほどその酷さが明らかになり・・・(涙)

・・・被害がこれ以上広がらないようお祈りします。
[PR]
by poomingxxx | 2011-03-11 22:07 | 日々のできごと