2018年 02月 03日 ( 1 )

ふたたび。

一年半ぶりのブログ再開です。

あ。でもどれくらい続くかはわかりませんが。



一年半。。
この一年半ほど大きく変化した「時」ってないのでは?

だって、↓の小さな小さな赤ちゃんだった春馬がもう走っているんですものね。


私自身も、この一年半でたくさん出会いが与えられ、そのたびに思い、感じ、考え、悩み・・・。
そうして過ごしてきました。


そうそう。お仕事も辞めました。
このことはまたいつかここに書こうと思います。


このブログを通して何を発信していきたいか、それだけは明白です。
イエス様が、私に何をして下さってるか。
そのことを中心に、そこから私がどう動かされてるか、です。


そして、心の真ん中が潤っているときに、
生活の中で手を動かして作るもの、ことなども一緒に
ここに記していけたら、と願っています。



nonohana*iro
このタイトルは、聖書の中のマタイによる福音書6章28節~からとっています。

また、なぜ、着る物のことで思いわずらうのか。野の花がどうして育っているか、考えてみるがよい。働きもせず、紡ぎもしない。しかし、あなたがたに言うが、栄華をきわめた時のソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。きょうは生えていて、明日は炉に投げ入れられる野の草でさえ、神はこのように装って下さるのなら、あなたがたに、それ以上よくしてくださらないはずがあそうか。
だから、何を食べようか、何を飲もうか、あるいは何を着ようかと言って思いわずらうな。

神様が私に与えて下さる色は?

私は神様の前で今、どのように花を咲かせていただいてるのかしら?

そんなことを祈りながら、聖書の御言葉を通して、また御精霊様を通して与えられる思いを綴っていけたらと思います。
最初にブログを始めたころの目的とは少し変わってしまいましたが、
それも私の変化と受け止めて、または受け流して頂けたら幸いです。





2018.2.2
ふみ




[PR]
by poomingxxx | 2018-02-03 00:15 | 日々のできごと